スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合番長さん[金剛番長] 

毎回の編集さんのアオリっぷりも見逃せない「金剛番長」、今回のんのアオリでは、実にあたまのよわそうな(褒め言葉)ゲンコツ五段活用を披露して、金剛さんの屈強っぷりを存分にアピィルされておりました。



さて、さっそく今回のお話に入っていきますが、まずは往田さんがきちんと生きてて、わたくしほんとに心っからホッとしてたりしてました。

で、その往田さん、手負いでありながらもキチンと居合番長さんの強さを解説、金剛さんにめっさ気を付けるようアドバイスをしてくださいました。



満を持して始まる、金剛さんvs居合番長さんのサシ勝負。


最初、金剛さんは距離を取りつつ飛び道具(木とか石灯籠とかでっかい岩とか)をひたすら投げまくる実にクレバーな攻撃をばなさるのですが、やはりそんなんものは当たりません。

当たらぬままに金剛さん、息を切らして参りまして、そういう隙を見計らって居合番長さんはかっこよく語り始めたりするのです。

この日本の、理想の将来像についてを・・・。



しかし金剛さんには違ったスジがあるのです。

そのスジのために、何としても『番長』さんがたをぶっつぶさなねばならないのです。

と、いうわけで金剛さん、気合いを入れて学ランのソデの部分をビキビキイワせて破り去り、めっさ腫れ上がったような筋肉を露出させます。

これには、高校ボクシングチャンピオンの往田さんもびっくり。


おうださん


そうしてこのあと金剛さん、先程のめっさかっこいい居合番長演説を「小学生のガキと同じ」と一蹴されます。

この言葉に逆上し、一気にコロシにかかってくる居合番長さん。

それに対して彼ったら、見事に必殺技を浴びせにかかられるのです。


その名も、『打舞流叛魔ーーッ!!』(ダブルハンマー)。


刀をも打ち破るその破壊力に「バ・・・・・バカな・・・!!」とおもいっきし負け犬側の言葉を発してしまった居合番長さんに、金剛さんはキチンとキメてくださいます。




「てめぇのような半人前の刃なんぞ俺には通じん!!」








・・・・・
まったくナオンの気配はなかった今回。

これでこそ番長漫画!!というところもありますが、やっぱしちょこっとくらいナオンを見たいというのもあったりと、けっこうわがままな思いも寄せてたりとかしています。

ときに、鈴木央先生はこの「金剛番長」を連載されてから毎週バックステージを更新されているのですが、今週のんでは幻の居合番長舎弟衆な方々のラフが出てたりしています。

今回についてはマボロシで終わっていますが、どうやらこのキャラさんたちは、別の役割でそのうち出てきてくださるようで、そのへんなんかもちょっと楽しみです。


そんなんわけで、次回、果たして敗北を喫した居合番長さんはどういう態度をとってくださるのか、その辺に注目しながら待っておりましょう。







↓おもろかったら押してー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vforce.blog22.fc2.com/tb.php/9-96c22fea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。