スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創世あたりの幼女。[ナオコサン] 



エロ本もいいけど たまには野菜もたべなよ みすず



ナオコサン、うとうと昼寝。

そんな現場にみすず、遭遇。

ふとあることから、ナオコサンの首筋に、まるでコンパイラのごとくにスリットみたいな穴発見。

気になって、じっと指を伸ばしてみましたかわいいみすず。

すると、なにやら急に妙な世界に引きずり込まれて・・・・・



・・・
そこは世界の始まり。創世記のものがたり。

はじまりに、神様(ナオコサンライクな容貌)は、幼女をつくりました。

幼女をつくって、あとはとりわけなにもつくりませんでした。

それでも悪行は世にはびこり、したがって箱船でいろんな幼女だけを積み込んで、それから洪水起こして間引いたりとかしてました。

で、そのうち神の子幼女が生まれてきたりでさあたいへん。たいへんなのはそおんなハナシを無理矢理見せられているかわいいみすず。



・・・

現実としてはうなされながら寝込んでおりますかわいいみすず、弟君が心配しながら起こそうなどとしているところへナオコサンったら「今まさにいやらしい夢を見ているかもしれん 邪魔をしてはいかんぞ」などと、とっても粋な計らいを。みすずドンマイ。










おもろかったらおしてー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vforce.blog22.fc2.com/tb.php/49-a5001153

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。