スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サソリ番長さん。[金剛番長] 



いろいろ気になるお年頃なる陽菜子さん。




「てめえに怨まれるスジ合いはねえ!」


決闘場所でサソリ番長に対峙するや、最初に放った金剛さんの言葉。

これを聞いてすぐさま『開き直ったーー!?』などと当然の反応をする見物人の陽菜子さん。

そして、その真相が語られぬまま、「あたいもあんたの弁解を聞く気はないよ。」と流し、さっさと勝負に入ろうとするサソリ番長・遙さん。


とにかく序盤は殴る、殴る、殴る!!

そうしてあとほど頭突きに膝うち!!


『金剛番長』始まって以来の肉弾同士のぶつかり合い(鈴木先生談。)も、秘蔵の一手・打舞流叛魔でにより、金剛さんは圧倒的なダウンを奪われ、決着したかに思われた・・・。


と、ここで、ギャラリーとして静観していたサソリ番長が仕切っていたレディースさんがた、ビシッとキメて哀傷歌を唄い出す!!

うらみつらみがたっぷりつまって、心を捨てた女を捨てたと哀しく奏でるその歌に、力をもらってむくりむくりと起きあがってくるサソリ番長・・・。


なんという執念!!


そうして、「本気を出す」として構えを変えて挑まれてくるサソリ番長。

この変な構えから繰り出される魅惑の技に、果たして金剛さんは、打ち克つことができるのか!?












・・・・・
で、話は変わって陽菜子さん、前回に引き続き今回も、ヒロインとしての役割を存分に発揮してくださってました。

引率を断られて「そりゃ私は金剛にとってはなんでもない存在かもしんないけどさ」とかしょげてみたかと思えば、思い返して強気に頼んで受け容れられて、パアッと屈託のない笑顔をしてみたり。

また、圧倒的に敵側のギャラリーが多い中でただひとり、金剛さんの勝利を想って一喜一憂してみたり・・・。

そんな、陽菜子さんが、とってもかわいらしく思えましたのですよ。


と、いうわけで、次回こそはサソリ番長・金剛さん両者の過去の関係性について語られるかも知れませんし、そういうことも楽しみにしながら、ゆっくり待っていましょうね。








おもろかったらおしてくだささいませ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vforce.blog22.fc2.com/tb.php/44-11cb4843

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。