スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー11号のかんそうー。 

さいきん『医龍』がもうおもしろくって仕方がないのですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

ちょほいと勘を取り戻さないといけなくって、いろいろ本調子的な文章にはなれませんが、うん、まあ、徐々にならして、ならされていこうかと思います。

と、いうわけで、今週のサンデー(11号)の感想とか。


●史上最強の弟子 ケンイチ
美羽しゃんかわいいにゃー。ベタなケンイチの妄想もとってもすてきー。


●國崎出雲の事情
「○○の事情」とかそういうんが、とってもありふれてる感満載な気がしてるんですけど、それはそうととってもおもしろいと思ってます。と、言いますのは、自分に酔ってて他人が見えない人とか、変な道に邁進してるひととか、フェチとか、そんなんにあふれてるから!

次回でいよいよ現行でのライバル?の人との共演があったりするわけで、それを終えた後のライバル?・紗英クンがどんな風な変態にクラスチェンジしてくださるのか今からとっても楽しみです。


●ARAGO
こういう雰囲気の物語というのが、大好物だったりします。謎の力を意図しないで持っちゃった人が、人知れずわるい奴らをぎっちょんぎっちょんにノしていくような、単純にいうと。でも、このお話ってばそう単純である筈もなくって、いろいろとわくわくさせる展開をば用意してくれていますね。

そして、リオが、もうかわいらしくてたまりません。


●アラタカンガダリ
これ、この前連載されたばっかしとか思ってたらもう5巻も単行本でていらっしゃるのですね。なんか書かなくなってからだいぶ時間が経っちゃったものです。

精神的にマイッチングなところまで追い込まれちゃった少年が、少しずつ強さを手に入れ、世界を救おうとしていくなんていう、とっても王道な物語のつくりが、すごく面白く感じてます。ヒノハラ・アラタがそれぞれ別の世界でそれぞれの課題を持って戦うという二面性があるのも趣深い。そして、その2つの世界について、いい具合に接点があったりなかったり、あとコトハがとってもラブリーだったり。


●ハヤテのごとく!
とってもドラマチックな展開!(なのでおもしろおかしくやってたうちのレビューはずーっと書けずに止まった状態!)

「白桜」の呼び方が、「はくおう」じゃなくて「しろざくら」だったということに、先週くらいになってやっと気がつきました。過去の話でこの剣が出てたとき、おもいっきり「はくおう」って読んで頭んなかに入れてましたわー。

ナギお嬢さまの「ラストに派手な演出」云々ておっしゃってたのがなんとなくもの悲しくなったり、あとはマリアさんのお料理されるお姿は素晴らしく美しかったですね。

マリアさんをお手伝いしてた怪物さんも思わずコブシを天に掲げて「キシャアアア!!(英訳:Hail Ms. Maria!! Hail!! Hail!! Hail and kill!!)」とか言って彼女を崇めてしまうほどの大絶賛っぷり!そのあとあまりにテンション上がりすぎたためか昇天したりとかしてましたがいい生き様でした、怪物さん。生まれ変わってもまたマリアさんのお手伝いとかできるとステキですね!いい来世を!

で、もうすぐ『ゴールデンウィーク』も終わって、そうすると一話完結型のお話が並んでくるそうで、そうしたらまたわたくしもしょうもないレビューが書けるかもです。

とにかくそおんなことより今は、悲劇のヒロイン・アテネちゃんが無事に助かってハヤテありがとうあふぅんおふぅんとなるのを期待して、そっと待っていましょう。


●はじめてのあく

「踏んでください(作者の代弁)。」

という事実が装いも新たに発覚しちゃった今回のお話ですが、おチョコについてでしたね。草壁の妹さんの本命ラブラブアタックっぷりが、あまりに清々しくてかわいらしかったです。

そして、トバルNo.1エプロン・・・。絵を描き加えるとしたら、あのトサカの鳥人間入れて、"PIYO PIYO"とかやるんじゃろにゃーでもそんなんとこに気を配るほど時間もないだろうにゃー、とか思いつつ。

あと最近やっと単行本のほう読んで知った事実ですが、服着てないエーコさんは全裸なんですねそれで決定なんですね色付けたら肌色なんですね。あんましえろく感じないけど・・・。


●金剛番長
わたくしがなんも書かないうちに、ウルトラファイトと化してしまった「金剛番長」!

そして、この対決が集結したら、おそらくそのままエピローグへと流れていくのでしょう。

この展開に至るまでに、幾度も金剛さんの友が体を張って彼を護り、そして彼自身も友を護ってきました。そんな、この上ないおっとこ臭いこの物語も、この戦いが、恐らく最後。この日本列島巻き込みました はた迷惑な兄弟げんかの行く末を、刮目して見守ることといたしましょう。




では、そんなん感じで、ぼちぼちやっていきますねー。よろしくですー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vforce.blog22.fc2.com/tb.php/265-1d4a0278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。