スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日夜頑張る男。[レイモンド] 

~これまでのあらすじ~
暑いので、レイモンドさんを陽気におだてて雪山スキーにでかけましたら遭難しました。レイモンドさん、食料調達してくる言うて外へ出ましてガケから落ちてゆきました。ドンマイ。






遭難してます3人組。


あいにく今回、頼みの綱の第四次元ファスナーなどは瑞希さんの手元にはなく、さあどうしたものかと思っていたら、そういや西村くんの護衛ロボット・ハルエさんとか呼べるじゃないかということで、彼女から借りてきましたズボンのチャックに助けを呼びます西村くん。

そして現るハルエさん。




ハルエさん。



早速彼女はみんなの悩みを聞きまして、んじゃあ自分が出てきたズボンのチャックで帰りましょうと、そういうことになるはずでしたがいやしかし、重大な問題はもうひとつ、あったのでございます・・・。


そう、ガケから落ちたレイモンドを、回収しなければならなかったのでございます。


仕方なく、ため息混じりに吹雪のなかを回収などしに出かけられますハルエさん。

しかし・・・!!




ガケに落ちゆくハルエさん。



・・・とかなんとかやってたら、実はそのガケ、大した深さはなかったわけで、拍子抜けするハルエさん。

そして同時にカマクラ作って待機しているレイモンド、発見。

ハルエさん、彼にすぐに戻ってくるようおっしゃったりとかするわけですが、ここでレイモンドってば力強く口答えなどするのです。




Mr. Raymond is not a slave but a diligent nice guy!!




この、ひとりの漢(おとこ)の心の叫びに呼応、というか同情しましたハルエさん、彼のやりたいようにやらせてあげて、テキトーに励ましたりとかなさるのでした。


・・・

30分後。相も変わらず遭難中の瑞希さんたち。


「ねむい」


言葉を漏らす、瑞希さん。でもでも寝たら死んでまいます。ピンチです。

なので、もっとくっつき寒さをしのいで眠らないよう促し入れる山添くん。

それに従い、瑞希さんにピトッとくっつく西村くん。ちょっと心がドキッとしたり。


と、そんな絶体絶命のピンチのときに、とうとうあのお方が・・・!










みらいのししゃレイモンド。





































・・・

この後レイモンドさん、以前に増して下僕のように扱われたりとか。ドンマイ。









おもろかったらどうぞ押してくださいませ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vforce.blog22.fc2.com/tb.php/214-9c0a45db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。