スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコイイ念仏番長様。[金剛番長] 

先々週のんおさらいのん。









はーん、なんて陽菜子さんはいい子なんじゃー・・・!!

と、思わず言ってしまいたくなるような、そんなにまでに清々しすぎる正統ヒロイン・陽菜子さんのラブリーなお手紙に、これまた清々しく「ああ、絶対にだ!」とか空を見上げながら誓っちゃったりするカッコイイ金剛さんがあったり、サソリ番長さんの想い人が案外近いところにいたり、あいかわらず剛力番長ちゃんはかわいらしかったり、そして我らが念仏番長様はちょっとうっかり番長カーから落ちそうになるもそこは持ち前のカッコヨサとか功徳とかでギリギリ落ちずに済んでみたりと、割とライトなお話しでございました。








・・・



そして、先週のんのおさらいのん。




「なぜ鮫なのか」と疑問を持たれる常識人な念仏番長様。



ていうか、暗黒生徒会、次の刺客、サメ。たぶんけっこう多数の方々が思われたことでしょうけどわたくしも敢えて言わせていただきましょう、このサメ、サメであるのはどうでもいいけどいったいどこの道府県代表の番長なんなんですのよ!?

しかし、こういう根本的な問題など一切無視され(サメさんが喋ったり攻撃したりする理由はそれなりに説明されましたが)、このサメさん・正式名称海原番長さんは、舎弟のカジキやじぶんのキバで金剛さんらご一行をめった刺しにしたり食べちゃったりしようとするも、残念ながらキュートな剛力番長ちゃんかわいらしく釣りあげられちゃったりしてまいました。負けちゃいました。ドンマイ。






・・・




で、今回。


 




煩悩を退散せられる徳深き念仏番長様。




前回のサメの番長さんに勝った金剛さんたちご一行。無事に霧厳島に入り、あからさまにアヤシイ雰囲気満載のタクシーに乗っかって、目的地である空港近くのホテルに移動するのです。

で、ホテルに着いて、おのおの、くつろぎ、眠りについたり。

そおんなところへ、アイツはやってきた!そう、偽装番長! ホテルまで乗っかってきた タクシーの運ちゃん

彼は、卑怯番長さんのお部屋にうまく忍び込んで、寝静まってる卑怯番長さんを前に勝ち誇った顔でポーズをキメこんだりします。するとそれに、卑怯番長さんが事前に仕込んでおいた卑怯な赤外センサーに引っかかって、警報鳴りまくり!

でも、誰も起きてこない!目の前にいる卑怯番長さんさえも! そう、偽装番長さんってば、タクシーん中で"暗呪音"などとかいうアヤシイ呪術を施しといて、ぐっすり眠って起きないようにしちゃっていたのでございます・・・!!


しかし、しかしですよ、それでもそこであらわれるこそは、あのおかた・・・!!























念仏番長様!!








すんげえかっちぇー!!

コレは、次回の念仏番長様の大活躍に、いやがおうにも期待せざるをえません!!

次の土曜日までの辛抱!みんな、がんばれ、がんばれ! がまんがまん!!







おもろかったらおしてね。

スポンサーサイト

よくしゃべる噛噛番長さん。[金剛番長] 

先週号のハイライト。



虜にしちゃったサソリ番長さん。



そう、サソリ番長さんったら、やっぱし裏切ってなかったんですね。

で、なんちゅうか、彼女のやったことってば、一時的に身体能力を飛躍的に向上させる例のアレ!蠍殺道 悪導絡『獄門』

たぶん言っちゃいけないことなのですけど、わたくしも敬愛してますトキも、この秘孔経穴を突いてから、リッパに拳王様と対等に戦っておりました。

そして、『獄門』突かれ、圧倒的なパゥワにて、噛噛番長さんに喝撃かましてぎっちょんぎっちょんされてくれます念仏番長様も、言うまでもなく圧倒的にかっこよかったわけですが、残念ながらこのとき彼自身には意識はなかったみたいなので、本人の意志ではないということで、やむなく先週号のハイライトからは漏れてしまっているのです。

さて、とにかくサソリ番長さん、こんなん具合な妖艶な色っぽさを醸し出しつつ虜にしちゃいまして、本人の意志に関係なくいろんなことをペラペラペラとしゃべらせまして聞き出しちゃいます。


そうして明らかになる、真の計画『ダモクレス計画』

その目的たるや、日本の破壊と再生・・・。なんちゅうかその、ごめんなさい、安直すぎます。ごめんなさい。さすがトップの人が日本番長さんたる安直すぎる名前な人の、りっぱな組織の計画です。


で、この目的のために、とりあえずいろんなところをドッカンドッカン壊していくみたいなのです。各県出身の色とりどりの白学ランの番長たちが。


・・・と、ここらへんまで無理矢理しゃべらせられちゃったところあたりで噛噛番長さん、
中堅級の悪役らしく、頼もしくも中途半端に復活!

今度こそ皆殺しじゃいワレ!な流れに入ってゆこうとするのです。

しかし、そんなときこそ真打ち登場。金剛さん、ようやく教室に戻ってきます。



・・・

そして、ここからが今週。

他の番長さんたちとは一線を画しています(悔しいところですが念仏番長様さえも今のところは全く歯が立たない)金剛さんですから、蠍殺道 悪導絡『獄門』なんて突いてもらわんでもケチョンケチョンにノしてまいます、噛噛番長さんを。

金剛さん、恐らくはこの日本で最も歯を大切にし、そして愛しているであろう噛噛番長さんに対して、まさにぴったりなキメゼリフを浴びせまして、それからキツイの一発おなかのあたりに喰らわせます。

「歯ぁ喰いしばれ!!!」

宙に浮く噛噛番長さん。

そんな無防備極まりなくなった彼に、金剛さん、新必殺技でトドメを刺します。
その技名たるや、大邪悶怒炸糾羅ー(ダイヤモンドサーキュラー)!!


モハヤコレマデな具合にまで弱り切ってしまった噛噛番長さん!

しかし彼のペラペラしゃべりっぷりは伊達ではなかった!

なおも、金剛さんたちに有用な情報をしゃべっちゃったりするのです。あんまりいい内容ではありませんが。


・・・と、こういうとこまでやってきて、ようやく今週のハイライトを迎えるわけです。











男泣きに泣き乱れられます哀しき念仏番長様。



噛噛番長さんから居合番長さんの死を知らされちゃった念仏番長様、思わず男泣きに泣かれてしまいました。あまりにも業が深すぎることで有名な念仏番長様ですから、泣いてしまわれるのは仕方がないといえば仕方がないのかもしれませんが、なんだか前回の記事でも書きましたけど、たぶん心配いりません。

このあとで金剛さん言ってますけど、まず間違いなく、居合番長さん、生きてますですよ。万が一でも死んでた場合、それこそもう、いろんなとこから非難ごうごうです。下手すると死人が出ます。イヤラガラセなどでニギリッ屁とかかまされるのは必然です


・・・

そんなんわけで、噛噛番長さんから聞き出した情報をもとに次の破壊のターゲットたる霧厳島へと卑怯番長の無免許運転で移動をします金剛さんら一派。

とりあえず次回は鈴木央先生のバックステージによれば、一息ついてライトな話になるらしいですが果たしてその息抜きな話な中で我らが念仏番長様は一体どのような威厳を保ってくださるのか!?

そのへんに大いに期待しつつ、来週のんを楽しみにまっておりましょう。









おもろかったらおしてー。

白学ランのひとがきてさあたいへん。[金剛番長] 

わたくしがちょろっと数ヶ月間書かなかった間に事態はいろいろしまくりまして、そして今、暗黒生徒会たる、あからさまにあたまわるそうな名前の組織が始動しましてドッカンドッカンやりだしました。

そうしていよいよ表舞台で名乗りを上げる金剛さんのお兄さんである猛さん、その番長名たるや、日本番長

これまたなんという清々しいまでに安直すぎる素敵な名前!!

前号ではその日本番長さんのドッカンドッカンを紙一重で金剛さんが抑えたところあたりがメインだったわけですが、一方で金剛さんの通ってる雷鳴高校では!? ・・・というのんが今回のお話なわけなのです。



・・・

教室。そこには正統ヒロイン(とわたくしは信じてやまない)陽菜子さん、我らが念仏番長様、そして居合番長、剛力番長、卑怯番長が、今起こっている混乱状態に戸惑いを見せておりました。

そんなところへやってきますはサソリ番長!

そう、今まさに話題の中心にいます日本番長さんのお子さまを、ワケありで引き取り立派に育ててくださってます姉御肌な江戸川区の番長さんでありました。

彼女は語ります。金剛さんの戦いの動機を。そして暗黒生徒会、白学ランをまとったヤツラに気をつけろと・・・!


・・・と、それはそうと、そういえばサソリ番長さん、わたくたちの超絶ヒロイン陽菜子さん以外は初対面なので、他の方々とりあえず、自己紹介などなさいます。

そしてそれらの自己紹介の中の、念仏番長様のカッコヨサたるや!!!







すんげえかっけー自己紹介を敢行なさる念仏番長様。






フフフ、サソリ番長さんったら目を逸らして違う話をはじめちゃってますけどこれにはちゃんと理由がありまして、ズバリ、念仏番長様のあまりのカッコヨサに思わずクラッとキちゃったために照れを隠しての行動なのでございます・・・!!

なるほど凄まじいまでにカッコイイ念仏番長様。

今後もなお、目が離せませんね。






・・・

さて話は進んでそんなところへ白学ランな番長さん・噛噛(がうがう)番長さんが突然出てきて圧倒的な攻撃仕掛けて言うのです。

「白学ランは歯が命。」

あたまのわるそうな名前の暗黒生徒会の一員らしい、実にあたまのよわそうなキメゼリフを放った彼は、暗黒生徒会の正体を、強さを、あたまがわるいままに"ヒント"と言いつつかなりいい線までモロしゃべっちゃいます。

そしてしゃべりにしゃべり、しゃべり尽くしてさぁお死になさいねアナタタチ、みたいなところでサソリ番長!!

噛噛番長が手を出す前に他の番長さんたちのツボ突いて行動不能にしまくってみたり!!

ニヤリと微笑むサソリ番長。果たして彼女は、裏切ったのか!?


・・・みたいなところで今回は終わってますけど、普通に考えれば裏切ってませんよね。うん。絶対なんか裏がああるはずです。

かつて金剛さんがマシンさんにヤられて死んじゃったとき、「ああでも彼、根拠はなんだかわかんないけど絶対生き返るし、大丈夫なんじゃない?」みたいに思いながら連載読んでくださってた方も多かったと思いますが、今回もその類の心持ちで待っていていいんじゃないかと思います。

とにかく次は、サソリ番長の気合いに、注目なのです。
























・・・・・

で、さてさて、あとですね、今回のんの連載では、扉見開きで、23区の番長さんが改めて描かれてたりしてました。

もちろん、この『金剛番長』の世界の中で最も美しい、白薔薇番長様も・・・!!






何度見てもやはり美しい白薔薇番長様。




・・・こんなん具合にとても充実した今回の『金剛番長』。次回の展開にも、期待です。











おもろかったらおしてー。

復活![金剛番長] 



涙を流して金剛さんの復活歓ぶ念仏番長様。



金剛さんが復活しました。

で、復活するや、すぐさま現場へ赴くわけです。


来ます。


来ました。


来たいでか。


スガーン!!ドドーン!!


んもうそんなん感じで、迫力満点に校舎を砕いて登場しました金剛さん。

しかし、やっぱりここで疑問になるのが『なんで校舎壊す必要があってん?』ということ。

●一刻も早く現場に着くため最短コースをたどってきまして、その結果邪魔になりました校舎を豪快に壊して来た。

●素直に門から行くとマシンさんの舎弟さんどもを次から次へとちぎっては投げちぎっては投げしなくてはならなくなるので、舎弟さんどもをうまくまいていきなり本丸に入るべく、校舎の内部から侵入することにした。

・・・などなど、テキトーにでっちあげられる理由はけっこう簡単に考えられますが(これら2つだけだったら後者のほうがそれっぽいような気がしますが)、とりあえずそおんなことはどうだってよいことなのです。


知ったことか!! なのです。


機械の頭脳を持っているため機械的に機械の常識でしか物事を思考できない機械な体のマシン番長舎弟さんたち、持ち前の怪しいカタカナことばでダダこねながら動揺します。「ヤツハ ホントニ ニンゲンナーノカ?」

これに対して「あんた何言っちゃってんの?バッカじゃないの?」みたいな感じに蔑んだ目で見ちゃってました4番長さん、そして悪矢七くん。


彼らを含めた全校生徒は声をそろえて答えてくれます。

その答えとはそう、もちろん、「知ったことかー!!」





・・・

そうしていよいよ、マシンさんと金剛さん、再び対峙。

今度はどんな死闘が繰り広げられるのか!?

戦いはクライマックスに入ろうとしていますが、しかしとはいえ東大?に隠れています月美ちゃんが心配だ!

多分次回あたりで見つかっちゃってひと波乱とかありそうだ!!

そうなったとき、冷徹無慈悲なロボを装っているマシンさんは、どんな行動をとるのか!?

んもう超期待!!



あと、これは次回になるとは思いませんが、おそらくまだ金剛さんが復活したことを知っていない陽菜子さんが、彼と再会したとき、どんな表情をして彼に抱きついていってくださるのか(抱きつくのは確定であると信じています)、かなーり個人的には楽しみです。陽菜子さんいい子だからかなり好き。


とにかく、目が離せない!次回を待とう!!











おもろかったら押してー。

みんなが待っていた、念仏番長様のご復活!![金剛番長] 

フフフ今まで抜けてたぶんを順に追いながら、今回のすんばらしいアレを見て、そして称える方針でやっていくのです。そういうわけでちと長いかも。


・・・

さて、まずは金剛さんが亡くなっちゃって、病院の慰安室に安置されてるところから。

彼の遺体の傍らには、陽菜子さんが寄り添っていました。

彼女の表情、まさに夫を亡くして悲嘆に暮れる未亡人のような、そんな艶めかしい魅力があったりとかして、わたくし不謹慎ながら、ちょろっとクラッとしちゃったものです。


で、そういうただひたすらに悲しみぬいてる陽菜子さんとは対照的に、怒りの炎をメラメラ燃やし、復讐を誓って飛び立っていった輩もいます。そう、居合番長、念仏番長様、剛力番長、そして卑怯番長。

卑怯番長、彼については表向き「最大のライバルがヤラれたんだ、ラッキーだね、ヘッヘー。」みたいな軽い口をたたいてひとりでどっかに行っちゃってたわけですが、ところがどっこい、金剛さんが死んでしまった悲しみ・怒りを、恐らく誰よりも強く抱いていたに違いないのが本当の彼。


この彼の心境、状況をわかりにくい例でたとえてみるなら、彼はまさにシャア・アズナブルな人なわけです。

彼ってば、『機動戦士Zガンダム』の頃には、アムロが宇宙に出たがらないことに対して「ララァに会うのが怖いのだろう?」とかなんとか言って、まるで自分はララァを亡くしたショックから立ち直ったようなことをばおっしゃってたりしたものですが、それがなんとまあ、「逆襲のシャア」の頃にはアムロとガチンコバトルやらかしながら、ダダッ子やって、「(お前が)ララァを殺した!(だから私はお前を殺す。)」みたいなことをやっちゃってたりしたわけです。

ええ、長々と書いちゃいましたけどとどのつまり、一見クールにキメてる人ほど腹んなかにためてるもののアツさは尋常ではない、そういうタイプの人間なのだ、ということが言いたかったわけでして。



とにかくそんなんわけで、場面は切り替わりまして、仇敵・マシン番長の居てます文京区、具体的には書かれてないけどそこにあります最高学府・東京大学工学部第十号館。

まずは最もアツイ心を持った卑怯番長さんが単独アタック。

ワイヤー使ってめったくそに切り刻む新技・『殺鳥(あやとり)』を披露しながらマシン舎弟たちを圧倒したんでありましたが、やはりマシン番長さんには一歩及ばず・・・。そして、死亡。


あとから漸く来ました残りの三人。彼らもまた、あまりいいところを見せることなく、死亡、死亡、死亡・・・。




アイドル番長5人集、全員、死亡確認・・・。




そして、今度はマシンさんの方から、金剛さんが仕切っているとされてました千代田区・  高校に赴くわけです。

もうこの高校には『番長』並みに人並み外れた人間など、どこにも居ません。敢えて言ったら高校ボクシングチャンピオンたる往田さんがいるわけですけど、あいにく彼は入院中。そおんなところへラピュタに出てくるロボット兵みたいなとってもえげつないもんが、ぎょうさん押しかけ破壊の至りを尽くすのだから、ンモウたまったもんじゃありません。

しかしそんなところでひとり立ち上がった勇者が!!! そう、悪矢七くん!!

彼、肉体的な力こそありませんが、ハートのアツさは、それはもう金剛さんとタメを張れるくらいまで到達してるんじゃないかと思わせるくらい!! とにかくスジを通すために、体を張ることを惜しみなくやりまくる!!

と、いうわけで悪矢七くん、必死に抵抗!その甲斐あってか、舎弟ロボット程度の相手は、なんとか破壊は出来たりしてたり。

・・・でも、やはり、当然といえば当然だけど、マシン番長さんには歯が立たなかった・・・。


韋駄天のアニキのごとく片手でボヒューン!ってメンズビームやって、校舎とかボッコボコのコナゴナに破壊しちゃうんですもの、マシンさんったら。敵うわけがありません。


でもねでもね、それでマシンさん勝利!では終わらないのです。ここで、やっとこさ、あの伝説の故事・『王大人死亡確認』が実現されてくるのです・・・!!

マシンさんの舎弟さんたちによって、見せしめがてら持ってこられた居合、卑怯、剛力、念仏様、4人のアイドル番長が、勇ましくも復活!!

そうして復活したての4番長、おのおのかっこいいセリフを吐いてくださるのですが、中でもやはり、念仏番長様のお言葉は、特に素晴らしかった。



「あの世は年中無休なりと思いきや・・・・・

 
 
 たまたま、あの世が定休日だたらしい。」




渋い!渋すぎるッ!! 念仏番長様!!!!!


とはいえしかし、マシンならこんなん具合に生き返られることもなく、もっと確実に息の根止めてもおかしくないのに、さあどうして彼は手加減?なんてしたのだろうか。---疑問に思う卑怯番長、居合番長。

とどのつまりその答えは、マシンさんを作ったひとり・Dr.月奈、そして彼女にそっくりうりふたつっぽい幼稚園児・月美ちゃんが握ったりとかしているわけですが、そんなん事情を卑怯さんとか居合さんが知ったりしてるわけもなく・・・。

疑問は解けぬままなれど、それより目の前の戦いの方が優先される。4人のリベンジが、ここに、開始される・・・。



一方その頃、金剛さんの遺体が安置されている霊安室に、"見舞い"に来る人が・・・。

黒シルエットにメガネが光る学ラン姿の彼は、金剛さんの遺体に向かって話しかけます。

今、マシンさんたちが千代田に乗り込んでいる現状を、

そのマシンさんたちに皆必死に抵抗している現状を、

そして、その熱き炎も、いずれは消えてしまうであろう未来を・・・。



リベンジは、最初こそ勢いはあったものの、次第にのまれ、再び追いつめられていく・・・。


絶体絶命。


消えようとする命。それでもまだなお、立ち上がり、戦おうとする命。

でもせめて、彼さえ戻ってきてくれたら、あるいは。

金剛番長・・・・・



金剛番長!!








そして・・・!!







おもろかったらおしてー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。